SNSは難しい

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

ぽんぽんと立て続けに注文が入ってきて調子が良い今週。
どうやら、タイミングよく誰かがSNSで作品を紹介してくれたみたいです。ありがたやありがたや。
やっぱり口コミの力ってすごいんですよね。

 

イベント販売では、ふらっと通りがかった人が見つけてくれて、購入に繋がるというパターンも多いんですが、ネット販売はSNSでの口コミがすごく影響してる気がします。
来年はこの辺をもっと強化して、SNSをうまく使ってネット販売を主体に頑張っていかないとなぁ、と模索中。

 

…実はSNSはあまり好きではなくて、積極的に仕事で活用はしていないのです。
オタクの情報収集はめちゃくちゃしてるけど。

 

わたしは、あまり作家のパーソナルな部分を知りたくないと思っている方です。
これについてはいろんな考えの人がいると思うんですが、わたしはあんまり知りたくない。
好きな作家さんのアカウントを見てみたら、とんでもないことばっかり呟いてた、とか、たまに…ありませんか。
それで作品を嫌いになるわけじゃないけど、「見なければ良かった…」とは感じてしまう。

 

だから、自分は極力、そのパーソナルな部分を見せないように、と思っているんですが、完全に仕事の広告しかしなくてもなんか…なぁ……と、バランスが難しいのです。
やらなくて済むならそれが一番。
そう思ってしまう。難しいです。

 

勝手に目に入ってきてしまう数字も心を揺さぶってくる。
フォロワーが増えた減った、いいねがつかない、前よりも人に見てみらもらえない…自分の気持ちをマイナスにさせる数字も多いです。

 

気にしなければいい。
そう、気にしなければいいんですけどね。
でも、元気なときはそれができるのに、メンタルが落ちてるとそれが上手にいかなかったりする。
人間だもの、そういうこともあります。

 

そういうのとうまく折り合いをつけながら、SNSを上手に活用していくべきなんでしょうけどね、難しいですよね。

 

もうほんとに、SNSの使い方だけは、「どうしたらいい?」と言われても何も答えられないです。

わたしが思う最善としては、『自分でSNSをやらずに作品が十分に売れるなら、それに越したことはない』ですからね。

 

来年は、SNSを上手に使う。課題です。

 

 

今日はここまで。
それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました