捨てる決意

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

低気圧に勝てない。
低気圧の日って、頭も重たいし、眠たいし、勝てない~~~~!
というわけで、昼過ぎまでぐだぐだとしてしまいました。低気圧に簡単に負けすぎ。良くない。
ちなみに、低気圧でぐだぐだしてしまう日は、同じく猫もぐだぐだしてるんですが、これってわたしがぐだってて退屈だから自分も寝てるんだろうか。
それとも、猫も低気圧に負けてるんだろうか。謎です。

 

まあ、低気圧の話はおいといて。

 

最近、少しずつ不要物を捨て始めたわけですが、やっと、ようやっと、学生時代の作品を処分する覚悟を決めました。
長かった。決めるまでが長かった。

 

使いやしないのに、ずっと裏地で作った衣装袋に突っ込んで粗雑に置いてあるだけだったのに、どうしてもすてられなくて取っておいたものたち。
若かりし頃の血と涙の結晶……言いすぎか?いや、でも寝ずに間に合わないと泣きながらビーズを刺したりした作品たちだから…思い出の塊だから…。

 

わたしは子供のときから、『記念』とか『思い出』とかそういうのが絡んだものを捨てるのがめちゃくちゃ苦手なのです。
『記録』が大好きで、作品の写真とかも膨大。
でも、その『記録』がたくさんあるからこそ、ずっと封印したままだった、むしろもう開けるのもちょっと怖いような作品そのものは捨てようと決心がつきました。

 

なんか、これ捨てないともう一歩が進めないような気がして。
気持ち的に、というよりは物理的に。
家の中でもすごく場所を取っているものなので、手っ取り早くすっきりして、すっきりした実感を得たい、という気持ちもある。

 

ただ、量が多すぎ&大きすぎるものばかりなので、少しずつハサミを入れて解体してから処分かな。
高価なビーズやパールは、自分のものを作るためにできるだけ回収したりしよう。使わないまま資材入れの片隅に鎮座することになりそうだけど、とりあえず、せめて。

今月は書類なんかの紙モノの処分を中心にしてるんですが、来月はひと月かけて、大物の解体、していこうと思います。

 

決めてしまうと、それだけですっきりすることってありますね!
明日からは猫の写真です。

 

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました