後出しの理不尽

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

今日は愚痴のブログ。
疲れちゃうかもしれない。
人からの愚痴は疲れちゃうよね。ということを愚痴っているブログです。

 

昨夜、友人から友人旦那の愚痴メールががんがん届きました。マシンガンのごとく。
ストレス溜まってるなぁ、と、よしよししていたのですが、ただ吐き出したいだけの愚痴を浴びせられるのは実はけっこう疲弊する。
何かが解決するわけでもないからね。

 

一方的にわーーーっと吐き出して相手はすっきりしているかもしれないけど、それを受け取った方はすっきりなんてするわけなくて。
別に自分にぶつけられてるわけじゃないけど、怒りのこもった言葉にはなんか負のエネルギーがあるというか、なんというか、攻撃的だし。

 

そんな言葉を聞いて自分の中に積み重ねていくと、ここまで爆発するくらいストレス与えるとか相手の旦那は何やってんだ?わたしの大事な友人だぞ???みたいな謎の憤りみたいなのが生まれてくるわけです。

でも、そこで一番理不尽だなぁと思うのが、こっちが同調して、それは酷い、とんでもない!と言うと「でも、そういうところばっかりじゃないから(あまり悪く言うな)」と、急に手のひらを返してくるところ。

……はーい。

 

まあ、わかるけど。
そりゃ自分の旦那を悪く言われたら嫌よね。うんうん。わかるけど。
わたしに言ってないだけでいいところたくさんあるんでしょう。わかるけど。
じゃあどうすりゃええのじゃ。

 

今まで怒り10000000%、相手がめちゃくちゃに悪いんです~~~~~~とぶつけてきておいて、
そうだね、辛い思いをしたね、ひどい男だね、というと、お前が悪く言うなよ、という空気になる。
ままならん。ままならんなぁ。

 

あなたの旦那のいいところなんて、今まで聞いたこともないんだよ、と。
じゃあ普段から何かいいことあったら言っておくれよ、と。
愚痴きくくらいなら惚気聞いてたほうがこっちはハッピーなんだよ、と。
10000000%悪い話しかしないで、後出しで「いいところもある」という事実だけをぶつけてくるなよ、と。
思ってしまうんだなぁ。

 

友人は「聞いてくれてありがとう!心が軽くなったよ~~!」と言って寝ました。
まあ、よかったです。

 

 

は~~~~~~。
人と関わって生きていくのって、大変だなぁ。
仕事しよ。

 

 

 

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました