なんにもない夏

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

今日も今日とて暑い。
さすがの猫も伸びているし、わたしも伸びてる。
暑さに強い父だけが、ピンピンとして今日もキッチンで楽しく『お料理研究』をしてました。
元気だな。なによりだ。

 

こういう茹だるように暑い日はなかなか作業も手につかず、なんだかぼーっと、特に昼間は、ただ生きてるだけ。
夜になって部屋に涼しい風が入るようになって初めて、やっと仕事をしようかという気持ちになってきます。

 

特に暑がりというわけではないのですが、断然、寒さよりも暑さに弱い。
わたしは年柄年中手が熱い人間なので、それもつらい。
冬はありがたい性質(?)だけど、夏は地獄。
昔、手足が熱いのは逆に冷え性、みたいなのをネットで見て、なんだそりゃ??と思ったことがあるんだけど、実際はどうなんだろう。というか、何故そうなのか、を忘れてしまった。
でも今それを調べるのも面倒くさい。暑さってのはやっぱりだめだな。

 

それでも、今年はいつもよりは暑い日が少なかったと感じているし、お盆をすぎれば夜はどんどんと涼しくなっていくはずなんですけどね。

 

とりあえず、秋冬の新作はもうちょっとお預けです。
むしろ、夏っぽい新作をもうちょっとだけ作って、今の内にさくっと出しちゃうのもありかも。
最後の夏の新作ですってね。ありだ。あり。やろう。

 

いつだって引きこもってるけど、いつも以上に何もない夏。
考えることも考えられる時間もたくさんある夏。
暑さにやられてぼーっとしながらあれこれと、これからのことを考える夏。
何もないのに、なんだか特別な夏です。

 

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました