父親監視ミッションと睡魔との戦い

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

今日はAM6:00に就寝したのに猫に7:30に起こされ、ついでに父に朝の挨拶をしたら、今日は仕事を休んで家の壁塗りの下準備をするとのこと。
その前にブランチとして一緒にケンタランチを決めようぜ!と誘われ、
華麗な二度寝を決めるはずがそのまま少し仕事をし、
ふたりでケンタランチBセットを食べ、
改めて寝るどころか、はしごに乗って作業するという父をひっそりと監視(窓全開で外の音を拾っている状態)しつつ仕事をしていました。

 

……つまり、めちゃくちゃ眠い。

 

でも、万が一自分が寝直してるうちに父がはしごから落ちてたら…と思うとめちゃくちゃ眠いのに寝てるわけにもいかなくて。

 

もうこれはファザコンとか関係なく。
純粋に、父は高齢なので。
高齢なのに、気持ちだけは『まだまだいける』と思ってるのが怖いのです。

 

確実に肉体が衰えているのを本人もわかってるとは言いつつも、それでも昔と同じことをしようとする。
何かあったとき、若い頃と同じ受け身が取れるわけではないのに。同じ怪我の程度で済むわけがないのに。

 

でも、「年だからダメ」「危ないからダメ」「こっちが怖いからダメ」といって行動を制限してしまうのは相手にストレスを与えてしまうし、むしろ、何もしなかったら体だって動かなくなってしまうし。

 

本人がやりたいと言ってることなので、何かあっても仕方がない、という気持ちの元、それでも何かあったときの被害が最小限になるように見張ってるのがわたしにできること。
まあ、あからさまに見張ってると、めちゃくちゃ邪魔そうにされるので、音で外の様子を探ったり、適度に水分を取らせるために様子を見に行ったりするくらいなんですけどね。

 

監視中は寝られないし、音がうるさい作業はできないし、買い物も行けないけど。
そして今日はめちゃくちゃ眠かったけど。
父が最優先になってしまうんだから仕方がない。

 

それでもなぁ、人はいつか死ぬけどなぁ、はしごから落ちて突然お別れなんてことがないように、この夏、ペンキ塗りの作業の間、まだまだ監視は続きそうです。

 

はい!寝る!もう寝る寝る!!!
今日は一日がんばりました!

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました