終活に他人を巻き込まない

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

今日はわたし、ちょっと機嫌がよくない。

というのも、父の古くからの常連さんが我が家に不要物を持ち込んだから。
なんかあの、庭先に置くような、でかい置物。
ふくろうと、うさぎと、リスと、犬。

 

 

いらね~~~~~~~~!!!!から!!!

 

 

新品でもなく、そのおじいさんの家で使い古された(置き古された?)ものたち。
いや…わかるんだよ。
正直、年齢も年齢だし、この先の時間を考えて家の整理してる中で、こういう目玉の入ってるものが捨てられない人って一定数いると思う。
わかる。わかるけど。

その処分を他人に託したらだめよ。

 

わたしは縄張り意識みたいなものが強いのか、自分の家に他人が近づくのがすごく嫌。
父も母も、友人知人を家に招くということがなく育ってきてしまったせいもあるのか、わたし自身も、本当に心を許した友人しか家の中には入れないし、親しくもない知人が家に入ってきてソファに座るだけでも本当に本当に嫌な、なんなら床を踏まれるだけでも嫌オブ嫌な、もう心の領域がちっっっっっっっっっっっぽけな人間です。

それもあってか…庭に…変な置物が増えたのが……本当に………これほどないストレス……。
我が家の外観はこだわっていて可愛いんじゃ。父も綺麗にメンテしてるし、わたしもデザインがとても気に入ってるんじゃ…。
そこに知らんおじいさんの家でボロボロになってた動物の置物なんぞ持ってくるんじゃね~~~~~~!!!

 

はーーーー……わたしがまだ寝てる時間に来たみたいで、父が受け取ってしまったのがそもそも悔やまれる。
わたしが起きてたら外で号泣したとしても持って帰らせたのに。世間体がなんぼのもんじゃい。いらんもんはいらん。
というか、それはゴミの押し付けだということを知れ。くそ~~~~!!
父の手前、今すぐ処分するということができないんですが、せめてわたしの目の入らないところにおいてもらうということで、とりあえず今は手打ちにしました。腹立つけど。

 

でもね、これをいずれ処分するのはわたしなわけですよ。
ほんと……ほんとにさぁ……。
この前の100円札もそうだけど、捨てられないものを他人に押し付けるんじゃないよ~~~。
終活に他人を巻き込むな~~~!!!

 

父も物を手放していっている最中。
自分にとっては思い入れがあるものでも、他人にとっては迷惑になることがあることを、置物を今にも捨てんとする娘を見てわかってくれてるといいな。
いや、ちゃんと言葉でも伝えていきますけどね。

 

は~~~~~~~~~。
捨てたい!!

 

今日はここまで。
それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました