考え事は編み物と一緒に

ハンドメイド

こんばんは、るす子です。

今年から始めた編み物、なんだかんだ続いています。
練習もたくさんして、商品としても販売を始めたり、冬に出す作品として製作のストックもつくりはじめました。
できたらいいな、というのが少しずつ形になってきた。うれしい。

編み物のいいところは、仕事ができるほど体力が残ってなくても、なんだかいまいち気力がわかなくても、編むことならできてしまうところ。
まあ、わたしが編んでいるものが難しくないというのも理由ですが。
簡単なものを編むくらいなら、必要なエネルギーが少ないのでわりと気軽にできる。
考え事をするときにもってこいです。

 

正直今は、新型コロナのせいで『通年通り』ではない状態。
これから対面販売イベントとかは対策をとった上で再開されていくだろうけど、感染したら名前も住所も職場も晒されるような田舎に住んでいる身としては、イベント復帰にはまだまだ慎重にならざるを得ない。
いくらネットでの活動を増やしていたって、やっぱり直接見てもらったり、話せたりする対面販売イベントがないのは大打撃で、金銭的にも、仕事的にも不安が大きいのが現状です。

 

なんか、こういうのをね、悶々と考えてるのって、うまく切り替えとか方向を定められないと、ただただ落ちていくだけで苦しくなってくるんですよね。
特に夜。というか寝る前。
1日の疲れを引きずったまま、ベッドの中でこんなこと考えてると、あ~~~~~なんかもうだめかも~~~~~~みたいな気分になってくる。

 

でも、ここに編み物をいれると、いくらマイナスのことを考えていても、作品としてプラスになっているので、なんかすごく救われるんですよね。

 

コロナがどうとか、いつ今まで通りに戻れるかなんて、自分がいくら考えてもわかるわけがないし、自分ひとりでどうにかできるものでもない。
立てられない製作予定、遠征計画、これからの仕入れについて。考えることは山ほど。
自分にはどうにもできないことで悩むのって、めちゃくちゃ不毛。消費するだけなんですよ。
でも、手元には、確実に編み進めた元が残るわけで。
「悶々としただけじゃないぞ、未来に売れるものを作ったぞ!」というのが、めちゃくちゃ精神に良い。

考えて無駄に不安になったかもしれないけど、この時間は無駄ではなかった。という。
あ~~~。編み物。いい。

 

悩んだり暗くなったりするのって本当に好きではないんですが、むしろ嫌なんですが、編み物のおかげで救われながらいろんな考え事ができている気がします。
そうやって考えていたら、最近の『何か新しいことがやりたい』願望も、焦りだったりそういうのがあるんだよなぁとわかったり。
じゃあ、その『新しいこと』をするために何をしたらいいのか、とか。
ちょっとずつマイナスからプラスの思考に方向転換させられてる気もする。

あ~~~~~。いい。編み物。いい。

 

なんだかんだ、編んだ小物は少しずつストックも増えてきているので、冬にこのアイテムたちを販売するのも楽しみ。
最近また東京の感染者数が増えているけど、冬には前みたいに対面販売にあちこち行く生活に戻れていたらいいなぁ。

 

 

今日はここまで。

明日からは猫の写真です。

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました