『お金』は原動力である

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

最近ね、真面目に仕事をしています。
いや、毎日真面目に仕事してるんですけど。
作業に力が入っている。サボってない。

断捨離始めたりピアノ弾きたくなったりしてるけど、仕事はとても真面目にしています。

 

あのねぇ、理由はねぇ、今月の売上が悪いんですよね。
そう。シンプルに、お金がない。

 

原因は?コロナの影響か?とかじゃないです。
もうただただシンプルに、新作がすべってる。

 

は~~~~~~~。
これですよ。最高にかわいいのができたぞ~~~って思ってたらこれ。だいたいこれ。
『自信作ほどすべりがち』を定期的に証明してしまう。がはは。

 

もちろん、コロナの影響はあります。
大きな対面販売イベントがなくなってるのは本当に痛い。
ネット販売ですべるものも、やっぱり生で見たら「良いね」と言ってもらえるものもたくさんあるので。
(そうだと信じたいだけかも)

 

で、売上が少ないとどうなるかというと、単純に自由な時間ができてしまうんですよね。
なので、その時間ですごく真面目に仕事をしている。
確実に未来の収入になる定番商品を作り足したり、次の新作を考えたり。
その意欲が、『売上に満足している』月とは全然違う。やる気スイッチが入ってる。

 

この時の『やる気』って、やっぱり『売上が足りない』に直結してるんですよね。わたしの場合。
なんだかんだやっぱり生きていくためには『お金』が大事だし、切り詰めるところ切り詰めたって固定費は減らないわけだし。

こういう時って、「待ってろよ次こそ取り返す」というギラついた自分がいる。
稼いでやろうじゃないの。次の新作で。いつか出るイベントで。みたいな。
『目先の利益だけを追わない』を信条にしてやっているんですが、『お金を稼ぐ努力』は怠らない。
…というか、怠ったら普通にお金なくなってゲームオーバーだしね。

ここで違う職種にいかないあたり、やっぱりわたしはこのハンドメイドっていうフィールドが一番あっているんだと思うし、在宅があってるんだと思う。しみじみ。

 

『自分の作ったものでお金を稼ぐ』って、シンプルで、楽しいんですよ。
こんな書き方したら舐めてると思われてしまうかもしれないけど、『作って売る』というすべての工程を含めて、ちょっとゲーム感覚なところがある。
だから『ちょっと足りない』『もうちょっと』みたいな状態がすごく楽しい。
ミッションをクリアせよ、みたいな。
現実の場合は目に見えるのが『売上金』なわけですね。

というわけでやる気にみなぎっているので仕事に戻りましょう。
こういう時っていつもよりフットワークが軽くなっているというか、あれこれやってみるぞ~~という力がいつもより強いので、いいものができる気がします。

 

今日はここまで。

運動はちゃんとしました!えらいね!

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました