鍵と印鑑

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

これ、結構あるあるじゃないかな、と思うんですけど、家を出たあとに「鍵しめた?」って言われると、すごく不安になりませんか。
なりますよね。なんか自信がなくなってきませんか。
は、はぁ~~~???しめたけどぉ~~~!??え…?しめたし……しめ…た……よね?……しめて……ない…かも……しめてないかもしれない…しめた記憶がないかもしれない。しめたと思ってる記憶は昨日鍵をかけた記憶が思い返されているだけかもしれない。
みたいなやつ。

 

わたし、よくあるあるなんですこれ。
でもねぇ。しめてるんですよ。ちゃんと。
もう手が癖になってるから。
『ドアを閉める』という行為に、『そのまま鍵をしめる』っていうのが含まれてるんですよね。その動作が染み付いてるもの体に。
……まあ、不安になるので確認しに行っちゃうんですけどね。

 

で、もう一つあるあるなのが、『印鑑捺したっけ…?』です。
これもよくやる。

なにか書類を書くたびに、くまなく確認して、捺印とか必要書類とかふりがなとか日付とか全部チェックして、指差し確認までしてから送ってるのに、ふと、ふとね。ある日突然『あれ…?そういえば、この前の書類、印鑑捺したっけ…?』とか考えちゃう。
考えちゃったらもうだめで、気になって気になって。
だからといって、書類の送り先にわざわざ『印鑑捺し忘れたかもしれない』って連絡するわけにもいかないので、『○○書類 不備 印鑑』とかで検索したり。

 

あまりにもアホくさいなあと思ったので、これに関しては最近はもう書いた書類の写真を撮っておくことにしてます。
ひぇっ…印鑑……ってなる時間とそのドキっと感がめちゃくちゃアホらしいから。

 

なのに、今日ね、不意に。不意によ。
作業してたら不意に、「あれ……定額給付金の書類に印鑑捺したっけ……」って思っちゃったんですよね。
そもそも、うちの地元はいつから給付開始なんだ?
不備があったらどうなるんだ!?って色々調べたりして。

調べれば調べるほど、印鑑捺した記憶がなくて、ああ~~これはやっちまったな~~~~ってどうすっかなぁあ~~~~~。
自分だけの問題ならいいけど、父の分も一緒だからなぁ~~~って。

 

もうあれです。
印鑑を捺したか捺してないかとかじゃないです。
そもそも書類の写真を撮っていることを忘れているんですよねこれ。
あ、あほくさ~~~どんくさ~~~~くそぼけ~~~~!

しかも、今日に限って父が「給付金っていつくるんだ?」とか聞いてくる始末。
なんでよ、あなたいつも給付金には興味ありませんみたいな素振りみせてたじゃないの……。
娘は正直に「ごめんね印鑑忘れたかもしれない、不備の書類が届くかもしれない…」と謝罪。
父は、「やっちまったな~~~ガハハ」と笑ってましたけどね。

 

で、さっき、「あ、書類の写真撮ってあるじゃん」とまた不意に思い出して、スマホで確認したら普通に印鑑捺してありました
あっっほくさ!!!!

 

「父よ~~~みてくれ~~~書類の写真を撮っていたのを忘れてたよ~~印鑑は捺してた~~!捺した記憶を忘れていた~~~」
と意気揚々報告に行ったら父から一言。

「娘の老いを見るのがつらい」

 

すまんて。

 

 

今日もどうでもいいことを書いてしまった。そういう気分なんだ。いいんだ。

運動は毎日していますスクワットとラジオ体操とフラフープ。
え、すごくえらい!!
なんか痩せてきた気がするわ(あほ)

 

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました