引きこもるのにも才能がいる

ゆるく生きる

こんばんは、るす子です。

 

緊急事態宣言が全国に出て…いや、出る前からですが、思うような外出が出来なかったり、学校が休校になったり、仕事が通常通りにいかなかったりと、そういうしわ寄せがどんどん折り重なっていって、周囲が疲弊してきたのを感じています。
都市部と比べて感染者が少ない地方も確実に人は疲弊してきてる。

 

先日、叔母がコロナ欝だと書きましたが、知人宅も、友人の実家もどうやらその状態らしく、さらに別の友人は子供の幼稚園や学校がまた休校になって発狂寸前。
子供がかわいいのと、24時間ずっと家にいて相手をしなくちゃならないのはまた別ですよね。小さい子だと特に。
子育てをしているっていうのは、本当にすごいことだと思う。…わたしにはできん。

そしてもっぱら、引きこもらなくてはならない現状にメンタルダメージを受けてる友人知人は、普段は活発に外に出てる人たちなんですよね。

もう、こればっかりは仕方がないと思うんですが、『引きこもる』というのにも『才能』があると思うんですよ。
そしてわたしには『引きこもりの才能』がある。
だからこれに関してノーダメなんですよね。
…というか、ダメージ感じてたら10年も在宅引きこもり作家なんて出来てないんですが。

だって、窓開けて顔出したらもう外だもの。わたしには。
最近外に出てないな~~散歩くらい行こうかな~~…って思いつつも面倒くさいときは、窓開けて、外に顔出したらオッケーです。外。もう外出た。顔が外出たから。外出た。日光浴びた。きっとセロトニンも分泌された。たぶん気合いで出た。

わたしに必要なものは、『外に出ること』じゃなくて『内にこもれる物』なんですよね。
なので、『外に出ること』が必要な人が、今すごくメンタルに来てるんじゃないかな…と思います。

もうここは持って生まれた性質というか、素質というか、なんか遺伝子に刻まれてるものだと思うので、たぶんどうしようもない部分だと思っています。
だって、無理なものは無理でしょう。外に出て遊びたいんだから、外に出て遊ぶまですっきりはしないでしょう。今はダメだけど。

 

なので、せめてもの癒しになれと、知人たちにお取り寄せサイトのURLを送りつけたりしています。
せめて外で美味しいもの食べた気分になってくれ。全国の美味しいものが『内にこもりつつ外を感じられるもの』となってくれ。今は辛抱しかない。

 

ちなみにですが、父は『家でじっとしていられない』タイプです。黒マグロなんだ。止まったら死ぬ。
でも、今は趣味の温泉も、ホームセンター巡りも自粛中。
もくもくと料理をしたり、家でオーディオを聴いたり、応援してる歌手のライブDVDを見たりしています。
……外にも家にも、バランスよく趣味を持ってる人は強い!

 

ゆるいですが今日はここまで。
疲れすぎてるときに暗い話をしたり、つらい情報ばかりを見るとさらに落ち込んでいくので、どうかほどほどに。
やさしいものとか、楽しいものとか、おいしいものとか、綺麗なものに触れてみてください。
ちょっと気持ちが軽くなるかも。

 

それでは、またあした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました